ストレスで抜け毛が促進してしまうメカニズムについて

ストレス社会と言われるほど現代人は、何らかのストレスを抱えながら生活しています。
ストレスが原因で、抜け毛を悪化させてしまうことをご存知でしょうか?
そうならないために、生活習慣を見直すことが大切になってきます。

亜鉛が不足していませんか?
髪の毛は主にタンパク質からできています。
タンパク質を作り出すためには、亜鉛が必要になってきます。
抜け毛の原因である男性ホルモンの5αリダクターゼを抑制するためにも亜鉛が必要となります。
亜鉛が足りないと髪を作り出すことができず、抜け落ちてしまいます。
また、ストレスを感じると人間はストレスホルモンを分泌させます。
その際に活性酸素が発生し、それを抑えようとするネタロチオネインという成分を作ります。
ネタロチオネインもまた、亜鉛からできています。
ストレス量が上回ると体内の亜鉛が不足してしまい、抜け毛を促進する原因となるのです。

次に、ストレスが原因で睡眠不足になっていませんか?
十分な睡眠が確保されていないと、成長ホルモンの分泌が正常に行われません。
また新陳代謝が下がってしまうために、毛根へ栄養が行き届かず髪の毛の成長を妨げる原因となるのです。

どちらかにイエスと答えた方は、生活習慣を一度見直してみましょう。
亜鉛は魚肉類や穀物に多く含まれていていますので、その食材を意識してみたり快眠のための良いリラックス法を自身で考えるのも良いでしょう。
生活習慣の改善があなたの抜け毛改善にも繋がるはずです。