やはり抜け毛は遺伝による影響が大きいものなのか?

親など身近な血筋の人が抜け毛で悩んでいるのを見ると、将来自分も同じようになるのではと危機感を抱く方は多いのではないでしょうか?
抜け毛が遺伝だとしたら、気が気ではなくなりますよね。

抜け毛に遺伝性があると正確に証明されているわけではありませんが、母方の血筋に大きく影響されると言われています。
抜け毛の原因となる遺伝子とは、男性ホルモンが多くそのホルモンの影響を受けやすい体質だと言われています。
遺伝する確率は、約8割とも言われており母方の叔父や祖父を想像してみると分かりやすいでしょう。

ここで、母方の親戚を想像してがっかりする方もいるかもしれません。
しかし、遺伝が100%ではありません!
病気や性格など遺伝の影響で受け継ぐものもありますが、それぞれ100%受け継いでいるものばかりではありませんよね?
抜け毛もそれと同じです。
また遺伝するかもと危惧し、事前に対策を取れることもあるので悪いことばかりではありません。
逆に遺伝的には心配がないこともありますが、安心するのは危険です。
例えば、日々の乱れた生活習慣やストレスなどで抜け毛を発症する場合もあります。

母親の遺伝子を考慮すれば、将来に備えることも可能です。
しかし遺伝の有無にかかわらず、習慣が抜け毛の原因となることもあります。
日頃のヘアケアや生活習慣に気をつけることで、より一層の抜け毛対策になるでしょう。
このように、抜け毛は予防できることがわかっていただけましたか?
諦めないでできることから予防対策をしていくことが大切です。