食べ物が抜け毛と親密な関係があるのは一体何故?

ストレスを溜めないように気を付けたり、シャンプーの仕方を変えてみたなど抜け毛対策をしているのに効果がいつになっても出ないなんてことありませんか?
もしかすると、あなたが食べているものが原因かもしれません。

脂分や糖質が高い食べ物を採りすぎていませんか?
揚げ物やチョコレート、スナック菓子などのカロリーが高いものは、地肌を油っぽくしてしまいがちです。
頭皮に過剰な皮脂があると、毛穴が詰まったり血流を悪くしてしまいます。
毛穴が詰まっていることや代謝が悪い状態では、ヘアサイクルが乱れて抜け毛を悪化させてしまうのです。

では毛穴詰まりや血行を良くするために、シャンプーに気をつければいいんじゃないかと考えるかもしれません。
しかし、適切なシャンプー法で頭皮環境を整えてもそれは一時的にきれいになっているだけなのです。
余分な皮脂の分泌を抑えるためには、脂分や糖質を抑えたバランスの良い食事を採ることが大切です。

また、バランス良く栄養を摂取する際には、髪の原料となるタンパク質や亜鉛を採ることを心掛けましょう。
良質な髪の毛を作り出すために、とても重要になる栄養素です。
特に亜鉛は、抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制してくれます。
抜け毛を防ごうとする働きをしてくれる大切な栄養分です。

抜け毛と食事は、一見関係がないように思われがちです。
しかし、カロリーが高い食事や栄養素が偏った食事は抜け毛の原因ともなります。
いろんな抜け毛対策がありますが、一度自分がどんなものを普段食べているのかを見直してみるのも良い方法かもしれません。